プロフィール

booboo_ksr

Author:booboo_ksr
気が向いたら更新してるので要Check!というかCheckして下さい。お願い!!コメントして下さ~い(ToT)


月別アーカイブ


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンダ対ガイラ

タランティーノも愛するB級カルト怪獣ムービー。

sandagaira.jpg

フランケンシュタインの怪獣
『サンダ対ガイラ』


デアゴスティーニから廉価版DVDが発売されたので、ようやく観る事ができた。
これ『Kill Bill Vol.2』のラストバトルのモデルとなった映画。どこがやねん。

でもコレ、意外に面白いわ。
2匹のフランケンシュタイン(?)が戦うってだけの話なんだけど、単純な「怪獣対決モノ」じゃなくて、2匹が戦う必然性がきちんと描かれてます。
怪獣映画なのに、あまり子供向きじゃないところもGood!
この映画のあらすじや内容については、カルトムービーなだけに熱いサイトやブログがいくつもあるので、探してクレクレタコラ。

ところで、この映画が公開されたのは1966年。
ちょうど日本が高度経済成長の真っ盛り。
少し前の50年代の作品と比べると、10年足らずの間に日本が急成長したのが見てとれて非常に興味深い。
羽田空港やビアガーデンのシーンなんて、今とあんまり変わんないよ。
でも、田舎に行くと牧歌的な古き良き昭和の日本。
きっと、今ほど豊かじゃなかっただろうけれど、活力があった時代なんだろうね。

と言うわけで、怪獣映画=子供向きの偏見を捨ててオススメできるB級カルトムービー『サンダ対ガイラ』でした。
スポンサーサイト

頭文字D The Movie

20090105_544220.jpg


しげの秀一氏の人気マンガを実写化。


<あらすじ>
潜入捜査官のヤンと、潜入マフィアのラウ。2人の過去には、消せない血の絆と、かなうことない切ない恋が秘められていた…。
豆腐屋の配達でハチロクを運転するうちに、常人離れしたドライビングテクニックを身につけた潜入捜査官ヤン。
ある晩、配達帰りに秋名山の峠道を流していたヤンは、潜入マフィアのラウら、峠のスペシャリストたちと出会い、走りの才能に目覚めていく。
かつて“秋名最速の男”と言われたウォン警視、ヤンに好意を寄せる精神科医リー、周囲の人々の期待を背負って、ヤンと走り屋達との熾烈なドリフトバトルが幕を開ける!


※せっかくお読み頂いて恐縮ですが、上記のあらすじは「インファナルアフェアII」と「頭文字D The Movie」の内容が一部入れ違っております。第一、主人公はヤンじゃないし。

冗談は置いといて、『インファナル・アフェア』のスタッフ&キャストで製作された香港製『頭文字D』。

悪くないです。違和感はありますが。

「なんで日本のマンガを中国で?」とか「役柄が原作と違う!」といった意見も多くありますが、日本で実写化したら、このレベルにならなかったと思う。
香港映画界と邦画界では製作本数が全然違うしね。
もちろん、レベルも。
登場人物の性格が原作から変更されているのも(特に文太とイツキ)、日本市場だけでなくて香港での受けを狙ったものでしょう。
それに、日本のマンガやゲームを香港映画界がリメイクすると、原作と全然違うモノになるのはお約束です。
(例:「シティハンター(ジャッキー・チェン主演!)」、「拳神(ナムコの『鉄拳』を実写化)」等。)

ストーリーは、原作の1話からプロジェクトDが始動する前までの物語を上手くまとめたと思う。
何と言っても見所は、峠でのドリフトバトル・シーン。
これは文句ナシ!!さすが土屋”ドリキン”圭市。
32GT-R、FC3S、エボIII&IV、そして我らが藤原豆腐店AE86。
個人的には、坂本カプチと藤堂塾EK9も出てきて欲しかったゼィ。
と思ったら、何やら続編に繋ぎそうなエンディング。
(しかし、エディソン・チャンのせいで続編は出来そうもない。)

ところで、このマンガっていつまで続けるのかね?
時代設定は90年代のままだし、今となっては出てくる車種の殆どが旧式だし。
86なんて旧式を通りこして、旧車だよ。
車にせよバイクにせよ、熱かった時代は過去になりけり・・・・・・か。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。