プロフィール

booboo_ksr

Author:booboo_ksr
気が向いたら更新してるので要Check!というかCheckして下さい。お願い!!コメントして下さ~い(ToT)


月別アーカイブ


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムフペン完成しました!

そろそろシーバスのシーズンですが、相変わらず釣れまへんなぁ。
まぁ、ぼちぼち行きまひょ。

さてさて前回、塗装まで終わったムフフペンシルですが、地味~にコーティングを繰り返して、

CIMG0846-2.jpg

無事、完成しました(^^)v

浮き姿勢はこんな↓感じ↓。

CIMG0850.jpg

左から、オシアペンシル、レッドペッパーマグナム、ムフペン。

ちょっと沈みすぎ。レッドペッパーみたいに鼻先だけ出して浮く感じ。
コーティングする事で思っていた以上に重くなったか?

このムフペンは「栂(ツガ)」という木で作ってます。
ところが、このツガ材。固くて削り出すのが大変。
さらに、木というものは基本的には「固い=重い」なので、もしかしたら動かないかも?
すなわち、ルアーの材質には適していないと言う事です。
じゃぁ、何でこんな材木を選んだの?って聞かれると、それは安かったからだ。フハハ。
(ムフペンtypeIIは、材質を「杉」に変更。)

ちなみに、今回のムフペンは未だスイムテストもしていない状態で、次回のクルーズさん乗船時にぶっつけ本番で使う予定っす。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
って、さっきお風呂でスイムテストしたら、

沈んだぞ!コレ。

なんてこったい_| ̄|○
バケツは底が浅かったか。
スポンサーサイト

ムフペン製作中です。(その4)

なんか頭の中で思っていたのと、どんどん違う感じ・・・・・。
すっかりテンション↓↓です。

そもそも、ウロコ模様を付けたアルミが綺麗に貼れなかった。
ウロコ模様も消えてしまったし・・・・・・。

ちっちゃなミノーに貼るのとはワケが違うな。

ということで、ヤル気ナッシングモードで塗装。

CIMG0841.jpg


デジカメ・マジック&縮小でそこそこに見えますが、実際には缶スプレーの粒子で大変キチャナイです。 

でもね、とあるお方からエアブラシ一式を譲っていただいたので、次作からはブラシ塗装にチャレンジだ!
(このサイズではアルミ・フィニッシュは止めておいた方が良さそう・・・・・・。)

Sさん、本当にありがとうございます。

鯛ラバin玄界灘

昨日の朝、AM5:30。

繰りかえーす このポリリーズム♪(←着うたTMです。)

booboo「Zzzzz。・・・・・・ふぁい??」
飛燕さくら丸船長「天気予報変わったけん。今から来れる?」
booboo「ハイ!すぐ行きます。」
船長さん「ゆっくりで良いよ。おいで~。」


と言う事で、急遽、鯛ラバ出船となりました!ラッキー♪

鯛ラバは2回目の挑戦。前回はアタリはあってもアワセ方が分からずボの字orz
今度こそはガンバルぞい。

今回は、鯛カブラ.comの大塚さんが同船。
しかも!!開始早々トンデモナイものを釣り上げられます。
その様子はいずれUPされるであろう飛燕さくら丸さんのHPでドゾー。
思い出してもアレは凄かった・・・・・・。

そして、僕は船長さんや大塚さんにイロイロ教えてもらいながら、

tai-rubber

遂に、真鯛Get!ウレC~♪

しかも、大きい方は60UPだ!
大塚さん曰く、「関西じゃこんなサイズ、20回は通わな釣れへんよ。」
ウーム、玄界灘恐るべし(-"-)

しかし、鯛ラバってアタリがあってから、アワセを入れるまでの駆け引きが何ともたまりまへん。
この辺の駆け引きがこの釣りの面白い所なんでしょう。

この日の僕の釣果は、

マダイ×2匹
フエダイ×2匹
アヤメカサゴ×1匹


でした。

アタリがあってもノセ切れなかったり、バラシたり・・・・・・。
まだまだ上手くいかない事だらけ。次回、またガムバロー。
同船の皆さん、船長さん、お疲れ様でした。

ムフペン製作中です。(その3)

GWなので実家に帰ってました。
ヒマなので量産型ムフフペンシルでも削ろうと、実家の物置に行くと、

おっ!?「簡易ボール盤」なんてモノがあるじゃないですか!
(ウチの親父はDIYが趣味なのである。ボクが小さい頃、親父はヘラ浮きなんて作ってた。血は争えん。)

ボール盤が使えるのなら・・・・・・。
と言うことで、

MFF-PEN typeII

「ムフペンII」削ってみました。

調子にノッて4個も削り出してみた。
今回のムフペンIIは、「貫通ワイヤー構造」なのである。フフフ。

説明しよう!
「貫通ワイヤー構造」とは、下図<Type 2>のようにルアーの中心にステンレスワイヤーが通っていて、とっても頑丈なのである。


MFF-PEN typeII-2


この構造はGT用などの強度が必要とされるルアーに使われているのだ!
すなわち!ムフペンIIは初代<Type 1>よりも、より強度がUPしているのである。


この構造のルアーは作った事がないけれど、果たして上手く出来るかな?
試行錯誤しながらの作業になるでしょう。

ちなみに明日は鯛ラバの予定だったけど、強風で中止になっちゃった(T_T)
あ~ぁ、これで鯛ラバは4回連続で中止だなぁ。縁がないのかな??

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。