プロフィール

booboo_ksr

Author:booboo_ksr
気が向いたら更新してるので要Check!というかCheckして下さい。お願い!!コメントして下さ~い(ToT)


月別アーカイブ


カテゴリ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハトリーズ ザラIII

ハトリーズの幻の一品、

TS3O0133_R.jpg

『ザラIII』(左)をGetしたぞ!

・・・・・・ウソです。そんな幻の一品がおいそれと手に入るわけございません。

大阪の老舗ルアーショップ『フィッシングサロン心斎橋』の忠実なレプリカです。
タックルベリーで¥315ナリ。
なぜか表面がベタベタ。エポキシの調合に失敗したのか?
仕方がないので、ウレタンにどぶ漬け。

ちなみに写真右は、かつてザラIIIが欲しくて欲しくてたまらなかった頃に自作したもの。
イメージだけで作ったので、こうしてレプリカと比べて見ると全然違うなぁ。
でも、動きはむっちゃイイよ!
スポンサーサイト

スピナベの小チューン

ゲーリーヤマモトの初代スピナーベイト。
アメリカンなラフさが逆にカッコイイけれど、さすがに古臭さは否めない。

そこで、小チューンを施してみた。

TS3O0131_R.jpg

どこをイジったか分かるかな?

まずは、古臭いスカートをシリコンに付け変えて、アイにゴム管を付けて・・・・・・ここまではごくごく普通。
さらに、このスピナベはフロントブレードがリアブレードと干渉する古いタイプ。
これをフロントとリアのブレードが干渉しないようにしなければならない。

その改造方法とは、

TS3O0132_R2.jpg

フロントブレードの前の金属ビーズを瞬間接着剤で動かないように止めて、フロントとリアのブレードの間にビニールチューブを入れて、フロントブレードの位置を固定。
これで、最近のスピナベと同じ仕様となります。

ところで、最近のスピナベって小さいのが多いね。
デカバスにはでかいスピナベが効くと信じているので、3/8ozクラスでこのサイズのスピナベはかなり重要。
今週末は久々の琵琶湖予定なので、こいつが火を吹くかな?

早くも夏ヤセか?

と言っても、僕が痩せたワケではなくて、
(痩せたいけど、痩せられない。)

TS3O0117_R.jpg

今日、琵琶湖で釣ったバスが痩せてたのだ。

前回釣った奴と比べると、頭がデカい割には胴体が細い。
その割にはサイズはそこそこあって、47-48cmぐらいと良いサイズなんだけど、夏ヤセ?

ん!?もしや、

電気ショックでやられたのか!?

ヒットルアーはゲリヤマのスピナベ。
スピナベは苦手ルアーなので、練習中です。

すでに季節は7月中旬。琵琶湖はアフター回復から夏のパターンに入ったようで、今日はパターンを掴めず仕舞い。(いつもですが。)
結局、この後は同じスピナベで35cmぐらいのの若者1匹ゲットと、バイブレーションで活きのイイ奴を掛けたけどバラしたのみでした。

しかし、今日は暑かったなー。涼しくなるまでフローターはやめとこうかな。熱中症コワいし。



琵琶湖でフローター

すっかり琵琶湖にハマってしまった。ズブズブ。

陸っぱりしてると、はるか沖のボートがすごくウラヤマC~。
あそこまで行けば、もっと釣れるんちゃうかな?

フフフ、ここは秘密兵器(でも何でもない)「フローター」投入!これで沖まで出れるぜィ。
しかし、沖まで出てもそう簡単には釣れまへん。
ルアーのローテ中、スピナベをぐぐっと持っていかれたので、スピナベをキャストしまくっていると、ようやくググン!

TS3O0114_R.jpg
なんでお前やねん・・・・・・

よく口にフッキングしたな~。
ところで、このスピナベ、子バスとブルーギル釣っただけでシャフトが折れたぞ。
おい!ラッキークラフト、これのどこが世界基準やねん!

その後、藻と戦いながらシャロークランク、SSRクランク、バイブレーションとローテするが沈黙。
うぅーむ、今日はハードルアーの日じゃないのか?

そこで、ワームに変えて藻の間を探ってみると、ひったくるようなアタリ。
すかさず大アワセを決めると、これが走る走る。
というより、フローターだと踏ん張りが効かない。
アタフタしながらも、慎重にやり取りを行って無事ネットイン。

TS3O0115_R.jpg
約43cmのナイスな奴Get!

フローターの上に魚を真っ直ぐ置けなかったので大きさは適当です。ちなみに、ヒットルアーはZOOM8”デッドリンガー(ヘビキャロ仕様)
ヘビキャロって陸っぱりの遠投用ってイメージだけど、藻の中を狙う時にも向いてると思う。

とりあえず、上の写真はあまりカッチョヨクないので、バス持ち写真。

TS3O0116_R.jpg

コイツ、歯が鋭くて噛まれちゃった(^^;イテテ

よし今日のパターンはコレか!?と先が見えてきたところで、天候悪化。時化てきたのでとっとと退散。
でも、フローターだと周りを気にせずゆっくり釣りできるからイイね。
また天候が良い日に行ってみようっと。では、さらばじゃ。



期待の新人

今週は近場で子バスの数釣りでも楽しもうと思っていたのですが・・・・・・。

TS3O0111_R.jpg

チビバス2匹だけでした。

ルアーは懐かしのダイワ・バスハンターDRと定番カットテール4”。
もうちょっと釣れるかと思っていたんだけどね。

さて、YO-ZURIのラトリンバイブはストックを買い占めておきましたが、やはり現行品でないのは少々不安。
何か代用品はないかと探していたら、良さそうなのを発見。

それが、この期待の新人。
ガイア『マジックシミー』。

TS3O0112_R.jpg
上が名作ラトリンバイブ。下がガイア・マジックシミー。

名前の通りユラユラ揺れながらフォールするシミーアクションを備えたバイブレーションらしい。
しかも、1,000円以下の良心的なお値段。
これは期待できそう。 
ただし、頭が角ばっているので、藻を引っ掛けやすいかも?
ちなみにデカバス対策でフックを前後とも#4に変えています。

シミーアクションといえば、ケヴィン・ヴァンダム印の↓コレ↓ですが、

TS3O0113_R.jpg
ストライクキング『レッドアイ・シャッド』

正直言って、釣れない!
なのでマスタッドのKVDフック#2に変えてみました。
これで全米最強バスプロと同じ仕様になった??

またもや琵琶湖で

またか、って感じの同じネタで同じ構図ですが、今週も琵琶湖で、

TS3O0105_R.jpg
ジャスト50cmGet(^^)v

ヒットルアーはYO-ZURIの名作ラトリンバイブ。
元祖シミーアクションのアレです。

ワームでのヘビキャロの練習中、かったるくなったのでバイブレーションをシャラシャラ~。んで、ゴン!!ときたもんだ。
でもこの後、二匹連続でバラシ・・・・・・。
どちらもドラグ出されながらバレた(T_T)ウウッ

ちなみに今日はクランクやスピナベといった他のルアーでは反応がなく、ラトリンバイブにだけ好反応。
なので、このルアーは近い内に店頭在庫を買い占める予定。釣具屋で見かけても買わないでね。
(ラトリンバイブは廃盤品)

1ヶ月ぶりに

先月の「奇跡のデカバス」(マグレとも言ふ。)以来、これといった釣果が出せてない訳ですが。
琵琶湖に行ってもカスリもせず、近所で竿出せばナマズしか釣れず・・・・・・。

しかし、本日。

一ヶ月ぶりに、
TS3O0104_R.jpg
出ました!41cm(^^)vメジャー見えないけど。

ルアーはKVD2.5。
よ~く引きました、というか走り回ったので一瞬、何が釣れたのかと。

この後は、バイブレーションとスピナベでチビ助を2匹釣ったのみ。
周りではワームで釣れてたみたいなので、今後はワームで遠投する方法を考えよう。
それより、レンタルボートの方が早いかな?

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。